妖貴姫の趣味とリネ2日記 6鯖 ゴス リンド鯖

おっさんの趣味やリネ2や色々と

お墓参り

今日は母の命日でお墓参りに。
父の病院までの道と、お墓までの道が90%被っているという・・・・

いまだに、やりきれない気持ちで一杯になる・・・
ふと思い出せばいくらでもある母との思い出の分、悲しさと切なさで心が一杯になる・・・


墓前に「来たよ」と挨拶すら出来ない自分がふがいなくも感じるが、墓石を掃除してお線香を手向けて帰って来た。


事故死、病死、などを含めて、死ほど理不尽なものは無いと思う。
抗うこともできず、時にはさよならさえも言えないで訪れる死は、理不尽そのものだと感じる・・・
「大往生」「きっと天国で見守ってくれている」とかの言葉は残された者への落としどころなのだろうか・・・
人は何でも理由を付けたがる・・・・


私は右の手首にバングルを付けている。

これは母が他界した時に後輩が私にくれたもの・・・
悲しいときや辛いときに、お兄ちゃんの背中をこれが押してくれますと・・・
後輩の手作りの一品である。
それに私は母の戒名を彫った


いらい私は常にこれをはめている。


人を失うってなんでこんなに悲しいんだろう・・・
いまでも母のことを思い出すと知らぬ間に涙が出ている時がある・・・・


人は2回死にます。
1回目は肉体的な死。2回目は死んだ人を忘れた時。
そして親孝行は親が死んでも出来ます。
墓前にたって、「ここまで出来たよ?褒めてくれるかな?」ってにっこり笑えた時。


これは自分のエゴかも知れない、でも私は忘れないし一日でも早くにっこり笑って墓前にたちたい・・・
思い出の分だけ悲しいし辛いけど、それが残された者の役目だと私はそう思ってます。


今回は少ししめったお話になってしまいました!
みんな親孝行しろよ!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。