食事の話し

昨日と今日はかみさんが仕事で食事は私が作った。


しかし大したものは作れない。


義弟がオーストラリアに居た為、よく遊びに行った。
そのときに義弟のイタリア仕込み(2日滞在w)のパスタを教わったww


オーストラリアに行くと言うと聞こえはいいが殆ど家でかみさんが作っていた。
田舎だから見て回るものもないし、外食は高い・・・・
手巻き寿司のサーモンなどは生でいけるか「臭いで判別」する。生で魚を食べるという文化がない。
そこで毎日のようにパスタを食べていた・・・・
ここまでが前置き。


さて初日にタラコパスタを作った所、父に意外にも好評だった。
今日はメンタイコパスタに・・・・
何日食べても私は別に飽きないので結構食事はどうでもいい・・



既製品の明太子パスタの素だけではつまらないので、玉ねぎとピーマンをバターで炒めて足す、ついでに明太子も足す。
時々人知を超えた料理ができあがるがあまり気にしない。


バターは入れすぎると鼻につくので風味がでる程度。
あとはパスタの煮汁を足して茹でる感じにしといた。

初めてなので結構不安もよぎったが気にしてはいられない・・・


てかパスタの量が多くない?とも思ったがそこも気にしない・・・


パスタは味付けが濃いものが多く、私はペペロンしか食べないのでこういう試みは運と感にまかせるしかない・・


かみさんが留守な時に過去に数回世に出してはいけない物が出来上がって父と「これは人間の食うものじゃないな」と言いながら食べていた。


モリそばぽいパスタが出来た。これに冷ややっこが今日のメニューになった。


旨いかどうかと聞かれたら渾身の一撃なみに上手くいったw多分もう作れないと思う。w


もう少し綺麗に盛り付けて撮れば良かったかな・・・


こうして偶然に新しいスキルが身についた・・・





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。